ソフトに病んでる COMIC
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BECK32巻

Category : COMIC

毎回毎回まとまりないブログを書いて申し訳ない。
今日はマンガについて。

080215_230651.jpg

前の巻も書いたけど、最新刊。
BECK32巻。

やっぱ興奮するわ。マンガ読んでて興奮するなんてそうない。

正直M.C.S(モンゴリアン・チョップ・スクワッド)が
ここまで大きくなるとは想像してなかったな。
敵が多かった数巻前まではなんだったんだって位開けちゃった。

なんか終幕を迎えてしまうんじゃないかって気分にもなる飛躍の仕方。

50巻くらいまではやって欲しいんだけどな…。

***************************************************

今日はASIAN KUNG-FU GENERATIONで「転がる岩、君に朝が降る」



ASIAN KUNG-FU GENERATION - 転がる岩、君に朝が降る


スポンサーサイト

テーマ: マンガ
ジャンル: 本・雑誌

200706142102000.jpg


題名は特に意味はありませんのであしからず。

今日は久しぶりにコミックですね、BECK最新刊の第30巻を買うた。
多くは語らんけど今巻でやっとBECKのAvalon Fesのライブが始まりました。

それにしてもいつもこれを読んでて感じることがあって
スタジオでの練習風景やライブハウスでの演奏に関わらす
漫画なのに音が聞こえてくる錯覚に陥るってこと。
(痛い病に冒されているって訳じゃないですよ…)

今回も5人のステージ姿を見て興奮しております。

NANAも一様読んではいるけどバンド漫画では
BECKのほうがダントツで面白い。

音楽が好きなら漫画喫茶でも良いから見るべしっ!
そんな私は、また第1巻から読んでみたくなった。

************************************************

今日はKlaxonsで「Atlantis to Interzone」
昨日買ったコレクターズDVDを先ほど見終わったんですが
演奏されている中で俺、この曲がやっぱ一番好きかも。
テンション上がる。ふざけんなってくらい上がる。



Klaxons - Atlantis to Interzone


テーマ: 漫画の感想
ジャンル: アニメ・コミック

足元は見難い

Category : COMIC

今週猛烈に探していた漫画があった。

それは、「闇金ウシジマくん」って漫画。
何週間か前にR25でその漫画のことが紹介されていて沸々と読みたい気持ちが募っていきました。

近くのジュンク堂書店やリブレでいつでも買えると思ってたんですが、どうしても読みたくなった今週の月曜、昼休みを使って買いに行きました。

ですが、2軒とも最初から読むために重要な1巻が置いてない。
「まぁ、他の店に行けばあるだろう」と高を括っていましたが、帰りに池袋の東口ではなく西口にある本屋に行ったけど全然置いてない。

月曜はそれで取りあえず諦めて、昨日帰りに自転車を止めている田端駅の近くから本屋を片っ端から探索。だが探せど探せど見つからない。
知っている本屋10数軒回って諦めた時にそういえば家の近くに古本屋が出来てた事に気づきダメモトで行ってみた。

そうしたらあった、あっけなく。無造作に本棚の中390円という値札をつけて置いてありました。

これが世に言う「灯台下暗し」結局は家から一番近い本屋にあったんですね。

で、肝心の漫画なんだけどこれがまたネガティブな要素しかないような真っ黒い闇金を舞台にした話で、とてもじゃないがテンションは上がらないですね。
だけど今まで感じたことの無いリアリティがそこにはあります。
面白いです。


それではPV。Black Rebel Motorcycle Clubで「spread your love」
ベースのブンブン鳴ってる感じが最高!



Black Rebel Motorcycle Club - spread your love

テーマ: ちょっとした出来事
ジャンル: 日記

BECK27巻を読む

Category : COMIC

今日仕事の昼休憩中にジュンク堂書店に行くと、待ち望んでいるマンガに出くわした。

それが、ハロルド作石の「BECK」27巻。

簡単にマンガの説明をすると、主人公のコユキが音楽=バンドと出会い少しずつ成長していく話。バンドを続けていく中で色んな人との繋がりによってBECKというバンドの紆余曲折が上手く描かれているマンガ。こんな感じでしょうか?
巻が進むにつれてどんどん主人公のコユキが成長しているのが分かるし、マンガでは難しい音楽を扱っているにも関わらず絵から音が聴こえてくる錯覚に陥るから凄い。

私は基本的に週刊誌や月刊誌を立ち読みすることもないので、単行本での出会いが初読みな訳だけど、読み終わった後、この先の展開が物凄く気になる創りになっていていつもいつももどかしい思いになる。

「マンガと音楽が3度の飯より好き!」と言う人がいたら悪いことは言わないから読んでみて欲しい。泣けるから…。

今回は、東京ローカルで深夜放送していたアニメのクライマックスである「グレイトフル・サウンド」でのBECKの「I've got a feeling」。ビートルズのカバー…。断片的にこのシーンを見るとあれだけど、マンガを最初から読んでここまで来ると泣けるわ。やばい…。



BECK(Mongolian Chop Squad) - I've got a feeling



良ければポチッと!↓


テーマ: 感想
ジャンル: アニメ・コミック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。