ソフトに病んでる Collection
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今の電化製品やガジェット好きに直結してんだろうけど、
エフェクターも多少持っていまして…

主にベース専用のものです。

Efector’s

左上より時計回りに
ZOOMのリズムマシーン、BOSSのチューナーTU-8
BIG MUFF(ロシア製)、BOSSのベースシンセSYB-3
最後SANSAMP BASS DRIVER(プリアンプ)

家がさぁ集合住宅なもんで大きな音出せないから
基本BASS→SANSAMP→リズムマシーン→ヘッドフォン
って流れでBASS弾いてます、ました。

SANSAMPあればオーバードライブ的歪みからクリーントーンまで作れるし、
アンプシュミレーターとしてこれ一個で色々なことが…
プロでもないのに良く言うぜ。

価格見たら現行モデル45,150円って…高いね。

チューナーはまぁ必要ですよね、絶対音感あるわけでもないし。

BIG MUFFは単純にファズで汚らしい音が良い。

ベースシンセはこれ踏むと、ぶっ飛んだ音になるのが最高で
ファズ後に噛ますとイカれたスペイシーサウンドになるのが面白いです。

どうでしょうか。
家にあってもどうしようもないので誰か買ってくれませんか?

はい、冗談でございますよ。

もう流石に楽器を欲しいとは思いませんが、
収集に走るとこんなことになる悪例です。

お腹痛いんで寝ますよ。


スポンサーサイト
4本目、ギターラストです。

CASIO EG-5

CASIO EG-5、通称エレキング。
これはZO-3って一時期かなり流行ったギターの
先駆け的存在でしょうか。

では、ボディー部近影。

EG-5 FRONT

なんとカセットが聴けます、大爆笑。
スピーカーもあるので、ギターの音も出せます。
かなり画期的な仕様となっているにも関わらず、
意外なことに軽いのです。ボディがプラスチックだから。

これも③と同じで、ヤフオクで。
15000円くらいだった気がする。

なんでこんなもの欲しくなったかって、
SUMMER SONICでSoulwax見てしまったからだね。

このギター全くイイ音出ないのに、これでライブやってたのよ。
衝撃でした、SoulwaxのCD探すと同時にこのギター探したってわけ。

形も結構斬新ですよね、私所有では唯一のメイプル指板。

音は当時のSoulwax。もっと良いギター使ってるだろうけど。



次、機材行きますか(お前は何目指しとんじゃい!)
へい、3本目です。

TOKAI Stratcaster Type

TOKAI SUPER EDITIONです。
これ90年初期のモデルだと思うんだけど、
ローズ指板ってこと以外スペック等一切不明です。
色はホワイトだったんだろうけど、
若干黄ばんできて、クリームっぽくなってます。

ヤフオクで20000円くらいだったでしょうか。
テレキャスでストラト仕様の3PU搭載した②を持っていたので、
レスポールでもないのに、2ハムとか面白いなと思い。
裏にヤフオク出品者の趣味なのかスタークラブのシールが貼ってあります。

リアPUをSeymour DuncanのSUPER DISTORTIONに交換。
下記参照。

TOKAI PU

このPUと言ったら当時だと車谷浩司(AIR)って感じで
ヘビーでラウドな音出したい人御用達でした。

そんなわけで当時の車谷氏の音で。



なんで俺こんな楽器あるの?そんな弾きもしないし
ぶっちゃけバンドで食べようとか思ったことない。

あともう1本あります、遊び用ではありますが。

次行きましょうか。

ベースは①の1本のみなのでここからはギター。

Fender Mexico Telecaster

Fender Mexico製のTelecasterです。

Mexico製なので、若干ひねくれてますよね。
2PUではなく、ストラトかのような3PU仕様。
テレキャスでセンターとフロントで甘いトーンとか出せちゃうの。

以下、現行モデルの説明より抜粋。

「テレとストラトのトーンのコンビネーションを
選択する5段切り替えの"ストラトOトーン"スイッチを装備しています。」

カラーは分かる人には分かるブラックボディに赤のべっ甲柄。
完全にアベフトシリスペクトとなっております。

ですので、3PUでハーフトーン楽しむのではなく
基本リアでカッティング!TMGE!でした。

ただそこは私ですよ。シール貼りすぎ!

裏面も御覧頂きます。

Telecaster Back

ほんと節操ねぇなぁ、全くよー。

音はここで確認を…ってこんな人殺しそうな音出したことはないが。



ベイビー・スターダスト / THEE MICHELLE GUN ELEPHANT

今は見ての通り弦張ってません。
よって弾いておりません。ネック反り防ぐ意味でもありますが。

以上、2本目でございました。
予定されていたことが、完全に破断したためくっそ暇ですね、
やることなくってぽっかり空洞です By ゆらゆら帝国と言ったところ。

暇で暇でベース指弾きしておりましたが
そういえば所有の楽器たち写真撮ったことないんじゃね?
と至り、UPしてみましょうかと。

押入れだのに色々楽器入っててさ、夢見る中学生が見たら
そんなとこにあるなら( ゚д゚)クレとなるでしょうね。

まず第一弾として、表に出してるんで比較的触ってるベースです。

Gibson Thunderbird

Gibson Thunderbird
Serial Number 91809724
1999年製で6月29日ナッシュビルで24本目に作られたベースです。
これ豆知識な。
人生で5本の指には入る高額な買い物ですね。
新品購入でHeadに打痕があるとのことで、
かなりディスカウントして頂きましたがそれでも良い金額でした。

形から入る人なもんで、FenderかGibsonかで悩んだがこちらにした。
当時オーソドックスな形にあまり面白みを感じ無かったため。

※追記
当時ThunderbirdとMUSICMANのStingrayで悩んだかな。
StingrayはアクティブPUだったため、
パッシブのThunderbird選んだ。プリアンプはSANSAMPでと思ってたし。
次点で当時好きだった山嵐のベースの方が使ってた5弦欲しかったな…懐かしい。

音はこちらを参考にしてください。



pre-school -NO TUESDAY

古平氏ありきで選んだ口だからさ。
この動画をブログに貼っつけたの何回目だろうか。

そんじゃ、他の所有楽器も一応写真撮ったので
すぐに上げるかも知れんし、数年寝かすかも知れんし。

気長にどうぞ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。