ソフトに病んでる 2006年10月
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天体観測

Category : 日記

とりあえず今素面(と書いてシラフと読む!)ではない状態で書いてるんで誤字脱字はご了承~!

今日は会社の新社員歓迎会があって飲み会があった。

私以外全員女性陣!だったんで、ぶっちゃけた話のオンパレードでレコーダーで撮って起きたかったくらい(笑)嫌いな社員の名前なんかが脈絡無く出てくるは出てくるはで収めるのに大変でした。

で、7時から始まった2時間の宴も終焉を向かえ、途中の駅まで一緒に帰り、そんなみんなと別れた後に「今日は賑やかだったなぁ」って痛感しましたね。

それで離れた後賑やかさを出そうとiPodを出して流れた曲がBUMP OF CHICKENの「天体観測」。逆にしんみりしちゃったよ。その後電車を降りて久しぶりに東京の空を眺めたけど、酒が入っているせいかだかは分からないが、一切星が見れなかった…。

東京って寂しい街や…。夢無いわ。



と言うことで今日のPVは「天体観測」のLIVE。この曲だけど良い意味で懐かしさがあるわ。



Bump of Chicken - 天体観測(Live)

スポンサーサイト

テーマ: 本日の日記
ジャンル: 日記

手首捻挫

Category : FUTSAL

今日フットサルチームの試合があった。

5チーム総当りだったんですが、結果は4位…。うちのチームめちゃめちゃ弱い。

その中で名誉の負傷ではないけど手首捻挫しました。
今パソコンでブログ書くのも一苦労です。

明日も仕事でパソコン使うんで、ちょっとこの気だるさが抜けてくれれば良いなって思って早めに寝ます。

それではまた。


今日のPVは、Patch Work Lifeの「High Light」。知る人ぞ知るめちゃイケ!でお馴染みのヨモギダ少年愚連隊の蓬田くん要するバンドです。いつぞやのスペシャルでお父さんの前で歌った曲です。かなりカッコイイっしょ?
バンド自体は今現在活動停止(もしくは解散?)なんでもうライブ観れません。良かったらベスト盤とか出てたはずなんで、メロコアが好きな人はどうぞ♪



Patch Work Life - High Light

テーマ: フットサル
ジャンル: スポーツ

前もって言っておきますが、決してバンドを批判している訳ではないんでそれを踏まえて読んで頂けると幸いです。MANDOはカッコいいRock'n Rollを提供してくれる数少ないバンドだと思ってるんで…。それでは本文に♪


今日は携帯を家に忘れてしまった関係で不安な一日でした。
日常生活に携帯が無くても特に支障が無いだろうと思ってた私でも、生活の一端をポケットに入るにくい機械に捧げているんだなぁってつくづく感じました。

そんな中でもチケットは忘れなかったみたい。良かったよマジで…。
と言うことでMANDO DIAOを観にSHIBUYA O-EASTに行って来ました。
この箱が新しくなってから来るのは去年の1月のKEN YOKOYAMA以来3回目。

到着が少し遅れた関係で、着いて数分後にはライブがスタートしました。

だけど、なぜか今日はスタートしてもテンションが上がりませんでした。
ただこれは言い訳でステージではカッコイイロックンロールをやっていました。まわりの観客は思い思いに盛り上がって歓迎していましたし。それに今回のアルバムから新メンバーのキーボードが入ったんだけど、音の厚みを持たせる意味でも入れて正解かなって感じました。

だがいつまで経っても自分の中のエンジンが掛からない。まるで、ガソリンが全然入っていないポンコツ車のように。

以前からうすうす感じてはいたんだけど、最近海外から来たバンドを観に行っても思うように感情移入が出来なくなってる気がしてた。
日本のバンドだったらどんなにマイナーなバンドだって盛り上がれるのに。

それが今日顕著に自分の中で現れてしまった。熱狂的に5人を歓迎している観客の中で浮いている気もしたし…。

で、その結果ライブが終わってない中で途中で帰るという愚行をしてしまいました。素晴らしいライブをしていたMANDO申し訳ない…。

ただ今日感じたことは、来月のMars Voltaを観たら当分は国内バンドやアーティストのみに参戦しようってこと。

日本人にとって日本語ってやっぱり重要だ…と改めて実感しましたね。


ではPV。そのライブを途中退席したMANDO DIAOから(笑)「Long Before Rock'n'Roll」。何で今日盛り上がれなかったんだろうかってくらいカッコイイ一曲です。



MANDO DIAO - Long Before Rock'n'Roll

テーマ: LIVE、イベント
ジャンル: 音楽

上のライブ参戦予定を見てもらえば分かると思いますが、Corneliusの全東京公演チケットが本日のオフィシャルサイトでの先行予約で手に入りました。

正味3日間ありますが全日違う人達と行く予定なんで、そのときその時で聴き方だったり見る場所だったりが変わってくると思うんで今から楽しみです。

ただしライブ4ヶ月前にしてチケット代で金欠病になることは言うまでも無い…。
給料日が15日だから………やばい細々暮らそう…。

だけどその気持ちを塗りつぶす意味でこれからアルバムを聴きまくるぞぃ!


それではPVをどうぞ。小山田圭吾と共にフリッパーズの一端を担った盟友の名実ともに名曲なこれ。
小沢健二Feat.スチャダラパー「今夜はブギーバック」
私が嫌いなカラオケで色んな人が歌ったこの曲を聴きましたが、一番いいのは小山田圭吾が歌った「今夜はブギーバック」スチャダラパーのCycle Hitsっていうアルバムに入っているこのバージョンやばいよ。声似過ぎ(笑)



小沢健二 feat.スチャダラパー「今夜はブギーバック」


テーマ: LIVE、イベント
ジャンル: 音楽

今日は朝から雨が降ってて湿っぽい1日でした。
それに帰り駅に着いたとたんに雨と風が強くなって気が滅入りました。

そんな雨空の下、昼下がりの休憩時間にCDを買いました。

予定通りのものとして、
・Cornelius「Sensuous」
・The Birthday「Rollers Romantics」
の2枚。

レコファンでなぜか売ってなかったSTANとVOLA & THE ORIENTAL MACHINEは次回に持ち越し。予定ではそれ以外にも何枚か買う予定でしたが、お金のご利用は計画的にということでここまで。
ミカバンド、ストレイテナー、クロマニヨンズはレンタルで会うことにしました。

あと漫画買いました。バガボンドの24巻。待ちに待った新刊です。帯には「武蔵VS小次郎!!」って書いてある。これのみでもかなり楽しみ。

そんな手荷物を持って先ほど帰宅。雨はしんどい…。

帰って早々やはりCorneliusでしょう!ってな感じでCDをインサート。
今聴いてるんですが、まず思うのは、普通人が音楽を作る作業とは違う工程で色んなパーツをまとめられてるんだろうなってこと。
でもそれが何でも入れちゃうような「ごった煮」ではなく、小山田流の方程式がそこにはあるかのように楽曲として成立しています。
ちなみに曲で「Like a Rolling Stone」って曲があるけどディラン全く関係ない作品だった。全然カバーじゃないし。

オススメはシングル曲とラストのフランク・シナトラのカバー「Sleep Warm」。元マヒナの先月末に亡くなった親父さんのレコードコレクションから感銘を受けてカバーしたらしいです。これ作ってる時はまだ親父さんは生きてらしたので、後日談としてなんか泣けるわ。

ボキャブラリー無いんで安直ですが素晴らしいアルバムです。

ただややこしいなぁって思ったことが1つあって、それは歌詞カード。
歌詞見ようとしたらややこしいわ。ちょっとイラッときた。買った人の感想の感想が聞きたいわ。アルバムはみんながみんな素晴らしいと言っている筈なんで、その歌詞カードについてのみ聞きたい…。


The Birthdayはまだ聴いてないんで次回書きますわ。それでは簡単ですがこの辺で。


最後にいつものPV。The Birthdayは誰もPV上げてくれないですね。他力本願なんで誰かが上げてくれのを待つしかない。今後YouTubeも規制されたりしるんだろうなぁ、Google管轄になると…。
で、何度目かの登場Corneliusの「Gum」このPVはどっかの誰かの手作りだそうです。お疲れ…。でもなかなか完成度高くてテイスト的には好きです。製作中でまだ途中なのですが、早いとこ完成品が見たい。



Cornelius - Gum

テーマ: 本日のCD・レコード
ジャンル: 音楽

来週は私が欲しいアルバム&シングルが大量にドロップされるので、今から待ち遠しい今日この頃です。
Cornelius、The Birthday、Asian Kung Fu Generation、木村カエラが参加しているサディスティックミカバンド、シングルではストレイテナー、それプラスDVDでROSSO…とかなり多いですがその分、期待で財布が緩みます。
そういえば今週発売されたSTANも買ってないや。財布ヤバッ…。

で、その中でもっとも楽しみにしているCorneliusがツアーをやると言うことを雑誌「MARQUEE」で知りました。
行動範囲で行けそうなのが、3月9日LIQUIDROOM ebisuか4月5日、6日のSHIBUYA-AXの2Days。確実に争奪戦になると思うけど、3日全て行くつもりでいます!


今日のPVは、Corneliusの「Drop」ここ2週間でドロップって何回言ってんだよ。
まあそんなことは置いといて前作に入っていたこの曲には水滴が流れる音や落ちる音が入ってるけど、今度のアルバムには水滴などの環境音を意識的に省いているとのこと。
どんな感じに仕上がっているか楽しみだ!



Cornelius - Drop





テーマ: 音楽のある生活
ジャンル: 音楽

パソコンを立ち上げてるのに書くことが無い。

こんな時は音楽でも…と言うことでLenny Kravitzの「Rock'n Roll Is Dead」
特に言うことは無いくらい名曲。イントロ聴くだけでテンション上がる!



Lenny Kravitz - Rock 'n Roll Is Dead

テーマ: 音楽のある生活
ジャンル: 音楽

足元は見難い

Category : COMIC

今週猛烈に探していた漫画があった。

それは、「闇金ウシジマくん」って漫画。
何週間か前にR25でその漫画のことが紹介されていて沸々と読みたい気持ちが募っていきました。

近くのジュンク堂書店やリブレでいつでも買えると思ってたんですが、どうしても読みたくなった今週の月曜、昼休みを使って買いに行きました。

ですが、2軒とも最初から読むために重要な1巻が置いてない。
「まぁ、他の店に行けばあるだろう」と高を括っていましたが、帰りに池袋の東口ではなく西口にある本屋に行ったけど全然置いてない。

月曜はそれで取りあえず諦めて、昨日帰りに自転車を止めている田端駅の近くから本屋を片っ端から探索。だが探せど探せど見つからない。
知っている本屋10数軒回って諦めた時にそういえば家の近くに古本屋が出来てた事に気づきダメモトで行ってみた。

そうしたらあった、あっけなく。無造作に本棚の中390円という値札をつけて置いてありました。

これが世に言う「灯台下暗し」結局は家から一番近い本屋にあったんですね。

で、肝心の漫画なんだけどこれがまたネガティブな要素しかないような真っ黒い闇金を舞台にした話で、とてもじゃないがテンションは上がらないですね。
だけど今まで感じたことの無いリアリティがそこにはあります。
面白いです。


それではPV。Black Rebel Motorcycle Clubで「spread your love」
ベースのブンブン鳴ってる感じが最高!



Black Rebel Motorcycle Club - spread your love

テーマ: ちょっとした出来事
ジャンル: 日記

20061018192303
私が勤めてる会社は池袋なんだけど、仕事が終わって外に出てみたら明治通りにたくさんの人集りが!
若干寒さを感じるこんな平日に仕事もしないで、お疲れ様です…。
反対斜線から記念に一枚♪

ドロップ読破

Category : BOOK

日曜にミドリがどうしても見たかったんで当日券で行こうと思ってたけど、すっかり忘れて違う買い物に付き合っていた私です。行けなかった事にちょっと後悔してます。やっぱり前売りのチケットが手元にないと忘れるんで、次回はこの教訓を踏まえて…。

話は変わりますが、先週に買った品川ヒロシの「ドロップ」、やっと読破しました。
ちょこちょこっと読んで行こうと思ったんですが、読み始めたらさくさく進んでいって、あっという間に読めました。

今後読む人がいるかも知れないので、内容については一切書きませんが、スゲー面白かった!
お笑いの人らしく青春時代にありそうなスパイスが効いた笑いあり、涙あり?で一喜一憂してました。
品川ヒロシという人をまた違った角度でこれから見れそうです。
文才にちょっとびっくりしました。

この次に書くことがあるなら、青春ものではなく違った分野の小説を切に願いたいと思います。

この流れを汲んで他の本、ミステリーものを読もうかなっと探りを入れてみます。


今日のPVはJetの「Are You Gonna Be My Girl」iPodユーザーとしてはこのバンドは外せないです。この曲自体がiPodのCMで使われていました。聞き覚えがある人もいるんじゃないでしょうか。
バンド的には今月2ndアルバムが出ているで、今週にでも買おうかなって思ってます。
Rock'n Roll全開って感じです!



Jet - Are You Gonna Be My Girl

テーマ: 読んだ本。
ジャンル: 本・雑誌

200610112227372
20061011222737
アベとチバがこうなる日がまた来るのでしょうか?まぁ当分無理かな。
今日は黒のギネスでも飲もう!
最近このブログでも再三再四取り上げていますが、また同じバンドの話を書こうかな。

今日は私が青春を捧げていたバンドであるthee michelle gun elephantが解散ライブを行ってからちょうど3年の月日が流れました。

2003年10月11日、若干遅れ目で幕張メッセに到着し、荷物を入れるロッカーが全て使用中であることに気づき、着替えもせずそのままフロアに行きました。私とよっちゃんがいた場所はB~っていうフロア、愕然としたのはそこからじゃメンバーが肉眼では米粒上にしか見れないところ…。
それでもあのライブは一生忘れることは無いだろう。それに恐らくあれを超えるライブに遭遇することももしかしたら無いんじゃないかな。
2人で踊り狂ったあの日、一つの伝説が終わった気がします。

で3年経ちミッシェルの元メンバーであるチバとクハラがやっているThe Birthday、そしてアベのCARRIEを追っかけている俺。超えないとは思っていてもそれを少なからず期待してしまうのは、あの時いたメンバーだからでしょうね。


それじゃ今日はそのミッシェルのLIVE映像。2003年10月11日にラスト・シングルとして発売された「ELECTRIC CIRCUS」@京都磔磔。この歌とROSSOの「1000のタンバリン」の歌詞は繋がってるよね。受け売り発言ですが…。



THEE MICHELLE GUN ELEPHANT - ELECTRIC CIRCUS(Live)

テーマ: 音楽のある生活
ジャンル: 音楽

北朝鮮で「核実験」がありましたね。実験での地形の影響や風の影響でもしかしたら、明日の午前中から夕方に掛けて「死の灰」が降ってくる可能性もあるとかないとか…。全く可能性が無いって言ってたけどどうなんですかね。
降るかも知れないって聞いた後も「あ、そうなんだっ」ってあまりにも非現実な問題に感じてしまう無責任な日本人の一人です。要するに平和ボケの典型みたいな私です。

そんな時事ネタも入れつつ、暑い夏の季節もいつの間にか変わり、「~の秋」って言われる季節になりました。
「~の秋」で私に関わってくるのが芸術(主に音楽)、スポーツ、食欲の3点です。

その中でも50%くらいで音楽が自分の生活に欠かせないものになってはいるんですが、音楽以外の芸術にも重きを置こうかなっと思って最近聞いているのが、落語。それも古典落語。

ちょっと昔になるけど、「タイガー&ドラゴン」で落語をドラマに取り入れてて毎週楽しみに見てたけど「宮藤官九郎はセンスがいいな」くらいにしか思わなかったんです。

で、それから時が過ぎてつい最近ある噺を聞いてかなり笑いました。
それは故古今亭志ん生の「猫の皿」。映像ではなく音楽って感覚で聴いていたのに、頭の中にその動作が見えるようでかなり笑いました。ですがもう志ん生さんは私が生まれるはるか前にお亡くなりになられたとのことで、ちょっとショックですね。今まであまり聞いていなかった落語がこんなに面白いとは…。

今知っている落語家ってなると笑点に出ている人達とか、立川談志とか笑福亭鶴瓶や笑瓶…。あまりにも落語家が思い浮かばないですが、知らなくてもいいから見に行こうかなって本気で思ってます。鈴本演芸場とか浅草演芸ホール、池袋演芸場などが比較的近くにあるので、ちょっと覗いてみます。


今日のPVはブログの内容と一切関係がありません。YouTube探してもあまり落語ってないですね。動画を持っている人いたら上げて欲しいです。

それでPVはMUFASの「I GOT IT ALL」。元pre-schoolのバクちゃんとecoのユニット。pre後期からの流れでやっている音楽って感じです。最近はあまり表立った活動を聞かないんですが、そのユニットの1stミニアルバムの1曲目に入ってる曲です。音楽を例えるのにこれしかボキャブラリーが無いのが辛いですが、兎に角カッコイイです。



MUFAS - I GOT IT ALL

テーマ: 落語
ジャンル: お笑い

今日ヘルプという形ではありますが草加でフットサルの大会に参加しました。ウルトラ・ビギナーという一番ランクが低い大会でした。

結果のほうは…まぁいいでしょう。その点は度外視にして、かなり楽しい時間を過ごしました。勝ち負け以前に求めたいものがそこにはあった気がします。
みんな笑ってフットサルやったほうが面白いって思いました。自分の本職のチームが全然面白くない気もしてきました。

終わった後地元の焼肉屋さんで2時間ほど飲み食いしてきましたが(現在かなりの酩酊の中書いてますので乱文ご容赦下さい…)、馬鹿な下ネタ話あり、真面目な今日の反省話ありでそちらも楽しかった。

…で、ヘルプで参加したにも拘らず、宴の中で「ユニフォーム作ってよ」って言ってました。正式加入です。本当に楽しかった。で、反省会の中で今まで数ヶ月で大会に参加するのを1ヶ月で行うことになりました。背番号もその場で発生した自分の気持ちで20番になりました。よっちゃん次は頼むよ。

まぁこれからこちらでも頑張っていきたいと思いま~すっ!


で、PVは脳があまり動いていないので、適当に吟味してClinicの「Come Into Our Room」病気にかかったみたいなんでこんな音楽が今にピッタリです。疲れたんで寝ますね…。それでは早い時間ですが寝ます。おやすみ。



Clinic - Come Into Our Room

テーマ: フットサル
ジャンル: スポーツ

ぶらぶらと
夜になる
ぶらぶらと
夜をゆく

なめつくした
ドロップの気持ち


みなさん1週間お疲れ様です。明日から3連休の人もいるでしょうね。私もそんな一人です。冒頭に書いたのはthee michelle gun elephantの「DROP」の歌詞の一文。

上記の歌詞のドロップは飴のことだからまぁ違いますが、今日は朝から雨の滴(ドロップ)と強風で大変でした。言葉が2つ掛かっててビックリ(笑)しますが、嫌ですね飴…じゃなくて雨。
親父ギャグはこの辺にして本編に入ろうとします(誰か俺を殺してくれぇ!)

今日会社近くの「ジュンク堂書店」でお笑い芸人の品川庄司の品川が書いた「ドロップ」って小説を買いました。
最近小説なんぞにあまり縁がなかったが、今回はCDで言うところの「ジャケ買い」ならぬ「カバー買い」。
カバーを書いているのが、私が敬愛する漫画家の高橋ヒロシ氏(CROWS、WORST等のヤンキー漫画を描かせたら日本一)によるものだったのです。
その小説と一緒に本日発売したCROWS完全版9、10巻とチバユウスケ擁するThe Birthdayが表紙だったGIGS(ギター弾いてた時は毎月買ってたがかなり久しぶりに手に取った。付録のTHE Birthdayのシール目的だけど…)で合わせて4千円強。本でこんなに金を使ったのも久しぶり。そのせいでBECKは給料日までお預けになりました。

色々書きましたがまだ小説に手をつけないまま今に至ってます。会社の人に聞いたんだけど、同じくお笑い芸人で小説書いてる劇団ひとりがこの小説を「素晴らしい!」とTVで言ってたらしいんで、ちょっと楽しみです。早いとこ読破してドロップの気持ちでも考えてみます。

最後にGIGSは写真を中心に読んだんですが、チバの機材の写真とか眺めるのって意外と今まで無かったなぁ。今ってエフェクター使ってんのね。ライブ中も踏んでんのかな、気づかなかったけど。昔のチバから想像するとデジタル・ディレイ!って似合わない気がするが、カッコ良ければいいです。このまま突っ走って欲しい。
チケット取れなかったんで悔しいが、ライブ行きたいです。得意のヤフオク使おうかな…。


と言うことでいつもの。ドロップの動画がYouTubeに無いんで、同じテイストの熱いテンションの曲「ブギー」今聴いても痺れる!



thee michelle gun elephant - BOGGIE(LIVE)



テーマ: 徒然日記
ジャンル: 日記

昨日のライブの余韻がまだ納まらない中で、また違う音楽を欲してしまう音楽中毒です。
今日はCorneliusのニューシングル「BREEZIN'」を買った。BECKの新譜も欲しかったけど、財布見たら2000円しかない…。2枚買えねぇ~!

早速帰ってCDをインサート。前作の「MUSIC」よりも今回の曲のほうが小山田圭吾っぽい気がして好きです。アルバムを期待させる意味でもシングルのトータルバランスが良いです。YMOのカバーなんかやたらかっこいいし。
ただCD-EXTRAで入ってる風景360度見れるのはなんか意味あるの?どうせならPV入れて欲しかったな。

と言うことで、長い前置きを踏まえて今日のPVはCorneliusの「BREEZIN'」を。スペシャマークが入ってる曲は、著作権上頻繁に削除があるからすぐに見れなくなるかも知れないんで、お熱い内にどうぞ!



Cornelius - BREEZIN'

テーマ: 本日のCD・レコード
ジャンル: 音楽

今日はZher the ZOO YOYOGIで行われたイベント"CRAZY FEELINGS"
に行ってきました。

目的は何と言ってもアベフトシ!彼なくして私のMUSIC LIFEは語れないと言っても過言ではない最重要人物。アベフトシが中心であるバンド「CARRIE」の私にとっての初陣、どうなるか楽しみでした。

今日は実に4バンドが出るんだけど、最初はBO-PEEPっていう女性3ピースバンド。簡単に書きますがこのバンド、かなりカッコよかったです。今日はギターボーカルの人の誕生日だったらしく、観客も知らないながらにお祝いムードにちょこっとなりました(33歳になられたそうです…)。ただ一言言わせてもらえば、メイクはちょっと考えたほうがいいんじゃないでしょうか。目のまわりが真っ黒はちょっと…。

次にこの中では一番知名度があると思われるdetroit7。私、てっきりトリだと思ってたのですごくびっくりしました。それと同時にギター等のセッティングやサウンド・チェックを自分達でしてたのにもビックリ。
1曲目の「赤い花」の後、菜花さんが「カッコイイアルバムが出来たんで、今日はその中からしかやりません」って感じのこと言ってました。その後は立て続けにロックチューン連発。前の方にいた外人のおっちゃん(元くるりのクリストファーみたいだった)がすごくノリノリで踊りまくってたのが印象的。回りもそれに触発されたのか大盛り上がり。「かっこいいアニメソングやります」って言った後にやったのが魔法使いサリー…。あの声で「サリ~、サリ~、魔法使いサリ~♪」って歌っているのにかなり痺れました。
ちなみに後々考えたときにdetroit7が今日一番盛り上がってました。そのくらい熱いライブ観させてもらいました。ありがとう!
最後に菜花さんのボーカル、巷の女性ボーカルには絶対真似出来ない存在感を醸し出してます。また好きになっちゃいました。

次がUnkie。メンバーがすごいんだけど、まずは1人目が私が思うNo.1女性ベーシストのTOKIEさん、ギターがアヒト率いるVOLAの青木さん、ドラムが元JUDEの城戸、鉄壁のラインナップ。この3人がLOSALIOSより幅広いスタンスのインストやってました。
TOKIEさんから2㍍の距離にいつの間にか移動していた私。ただただTOKIEさんの指使いに釘付けでした。
楽曲の雰囲気としてはボーカルが入っていてもおかしくないカッティングの曲があったり、TOKIEさんの高速ランニングベース全開の上で加藤チャーハンよろしくの変態ギターがかぶさってる曲があったり、なかなかバリエーションがあって面白かった。
ただ楽曲を知らないしインストなので、盛り上がりどころがちょっと分かりにくかったことが残念。CD発売を切に希望。

最後にトリでCARRIE!また移動してアベの1㍍手前で観戦。今日は久しぶりにミッシェルの時から馴染みのあるスーツ姿で現れました。KOOLOGIではつなぎを着てるし、この前のシナロケのライブで握手した時は皮ジャンでした。やはりこの人には細身のスーツがお似合いです。
そんな感動を覚えた後に早速ライブがスタート。カッティング炸裂のロックチューンを正味8曲位やりました。客に向けて殺人鬼の目で睨みを利かせながらカッティングしている姿だけでも感動…。これをミッシェル解散後からどれだけ待ったか分かりません。
ただバンドとしてちょっと心配なことがあって、それはボーカルの女の子。菜花さんと比べちゃあれだがパワー不足な気がします。前の方にいたせいかも知れないけど、他の楽器に声が相殺されて全くと言っていいほど聞こえなかった。ボーカル力をつけてください。
Unkieと同じですがこの後出ると思われるCDに期待してます。

最後に、イベントが終わってそそくさと家路に着こうとしたライブハウスの階段付近で菜花さんとすれ違いました。その際あまりにも唐突だったので会釈しか出来なかった俺に、笑って会釈を返してくれたことに感謝。ミーハーなんで握手とか、せめて「頑張ってくださいな」くらい言いたかった。この感動を忘れないうちにレコ発ライブ、絶対行こう!


今日のPVは、そのdetroit7で「Come On」新しいアルバムは最高傑作だと思うので、ぜひ皆さんチェックしましょう!



detroit7 - come on


テーマ: LIVE、イベント
ジャンル: 音楽

代々木にて

Category : MOBLOG

20061004183729
今から代々木でライブ観戦です。
ステージで観る久しぶりのアベフトシのカッティングとTOKIEさんの渋いベースラインを堪能します!
タバコの値段が上がった日(7/1)の翌日から禁煙を始めたので、今日で3ヶ月目に入りました。

人間があることに踏み込む決断を「3日、3ヶ月、3年」の周期で例えたりするけど、その中間?の周期にたどり着きました。俺にしてはかなり頑張ってると思います。
現実問題、もう吸いたいと思わなくなりました。飲み会でのタバコの誘惑にも最近は気にならなくなったし、隣でタバコを吸われると気分が悪くなってきたし…。
体への悪影響を例える意味でこんな話を聞いたんだけど、「タバコを吸うことは現状の体重+30kgになることと同じだ」とのことです。それを聞いたら吸う気も無くなります。

上に書いといてあれだけど、最近間食を摂り過ぎて体重が気になってるのも事実。甘いものを口にする習慣がかなり根付いてしまったです。でも染みチョコは辞めれないですわ。


今日のPVは、Beastie Boysの「Sure Shot」特に今日書いた内容とは関係ありませんが、取り敢えず言っとくとトラック、リリック共にマジカッコイイ!



Beastie Boys - Sure Shot








テーマ: お疲れ様自分。
ジャンル: ブログ

MOBLOGでも書きましたが、稲川淳二の怪談ナイトに行ってきました。

チケットの写真を載せましたけど、そこに注意書きが書いてあってその内容が「公演当日、何らかの怪奇現象が引き起こした不慮の事故に関して、主催者は一切責任を負いませんので、予めご了承下さい。」ですって…。今まであったの?

内容に関してはかなりサブカルなネタなんで好き嫌いがはっきり分かれるところではありますが、すごい面白いんすよ。笑いあり戦慄ありの2時間でした。

開演時間ギリギリにメルパルクホールに到着し席に着きました。席に着いたのが6時過ぎだったんですが、10分押した時間からスタートしました。

稲川さんが登場し、席に着くと早速話が始まりました。
そこから間髪居れずに10個の怪談話を聞きました。そこで聴いた話の1つは聞いたことがあったので、厳正に言うと9個の話、素晴らしい話術でドキッとしたり、ビクッとしたり周囲から笑いが起きたりしました。特に最後に話した「首を刺された女」、かなり衝撃でしたね。
その後に心霊写真紹介(笑)。ここでも稲川さんの話術が炸裂してました。轆轤首の写真の件、かなり笑わせて頂きました。

今日で人生で2度目の稲川淳二怪談ナイト。以前に比べてYouTubeとかで簡単に稲川さんの怪談が見れたりするので慣れがあるのかもしれないですが、1回目の時の衝撃はなかったです。クオリティが落ちた気がしました。
ただそんなことは度外視でエンターテイメントとして十二分に楽しめました。稲川さん最高!

結構充実した一日でした。明日はフットサル。雨が降らないことを祈るのみ♪


こんな時にももちろんPV載せます。稲川さんにちょっと引っ掛けて1曲。Number Girlの「U-REI」のLiveを。向井さんが今のところ私の紹介する動画出現率No.1です。それだけカッコイイ。メガネ最高。



NUMBER GIRL - U-REI(LIVE)




テーマ: 今日の出来事
ジャンル: 日記


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。