ソフトに病んでる 2008年03月
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
THE CORNELIUS GROUP
“ULTIMATE SENSUOUS SYNCHRONIZED SHOW”
を観に東京国際フォーラムまで雨の中。

今日から地元に開通した日暮里舎人ライナーを駆使しつつ、
あまり降りることはない有楽町まで。

080330_174025.jpg

自分がいた2階席からのステージ。

080330_223143.jpg

ポスターにも使えそうなパンフレット(折ってしまったんで折り目付いてます)

去年からリキッドルームでのツアー初日、AX2days、
ゆらゆら帝国とのリキッドルーム3周年記念、そして先々週のFACTORYと
かなりの球数を観てきましたが、今日は座れるってことで落ち着いて。

今までステージより低い目線で見ることしかなかった風景を
俯瞰したところからゆっくり見れるまたとない機会だなと。

もう見る場所で善し悪しが決まるもんでもなく
いつもと同じで最高のショーを見させて頂いた。

4人が横並びになった立ち位置、ステージ上部から降りてくる照明、
それ以外はほぼ今までの総集編+αな内容。

今までのツアー曲順とほぼ同じでしたが、
合間に「Another View Point」、「Toner」、「Scum」、
「Omstart」、「Monkey」、そしてアンコールに「EYES」って曲?を
Eの前にやってくれてなかなか痺れました!

それにしても今の音楽業界の中じゃトップのエンターテイナー4人。
もちろんバンマスである小山田氏を筆頭に
実は映像と音楽の合わせを一点に担っているあらきゆうこさん(マジ好き)
ギターを弾いていたかと思えばシンセやスティールギターを駆使する堀江氏。
そしてあらきさんの旦那でベースプレイヤーのシミー。

今度はいつ見れるのかさっぱり予想できないけど(下手すりゃ次のオリンピック位)、またいつの日か会えることに期待して締めたいと思います。

最後に、ちょっとDVDになることを期待してたけど
「Another View Point」での映像サンプリングで無理であると悟りました…。
まさかCORNELIUSのステージで永ちゃんや福原愛が見れるとは。
おそらく永ちゃんの肖像権高そうだ。洒落でも許さないだろう。

*****************************************************

Corneliusで「ATOMOK MOOG 2000」
この曲か「BALL IN KICK OFF」はすでに映像があるから
やってくれるんじゃと期待してたけどまぁ無かったです…。



CORNELIUS - ATOMOK MOOG 2000





スポンサーサイト

テーマ: LIVE、イベント
ジャンル: 音楽

スパルタローカルズを観にQUATTROまで。

080329_222659.jpg

QUATTROでの土曜7日間連続ライブの最終日。

初日の「悲しい耳鳴り」Day以来。

いつ見ても痛感です、スパルタローカルズは。
最終日ライブタイトルに「???」と冠されているんで、
次回のアルバム全曲やる?orこの日がライブDVDに?
とかを色々想像しましたが、通常のライブでした。
(ハンディが多かったから後者はあるかも)

今まで見たスパルタローカルズの中で一番燃えたかも。

中盤の「UFOバンザイ」「サンク」あたりからコウセイの顔は壊れ始めw
テンションもマックスに達したようで白目でぶっ飛んでました。
本編後半の「夢ステーション」「ピース」「トウキョウバレリーナ」
「ミーハーher」ラストの「ばかやろう」までがとにかく素晴らしかった。

この後のアンコール前に4人のゲストがスパローの「ギャップ」を演奏してました。
VOLAのベースである有江氏は分かったけど、他が誰か分からん。

そのあとコウセイが(歌ってたのは)ヒサシ?って言ってたけど
まさかGLAY?髭の須藤寿?しかヒサシのみでは浮かばん。
ただロンゲで声が明らかに違ったからこれはないでしょ。
あとでブログ・サーフィンなりmixiサーフィンして調べてみっか。

で、一回目のアンコールは「Chaos」
二回目で初期名曲の「黄金WAVE」「グランジシスター」でFINISH。

楽しい事は良いことだ。
ホント、スパローはライブバンドだなって実感します。
では簡単にではあるがこの辺で。

で、切り替えまして明日はCorneliusをフォーラムまで。
こっちも激烈楽しみ。

********************************************************

Sparta Localsで「ピース & ばかやろう」@ FACTORY



SPARTA LOCALS - ピース & ばかやろう

テーマ: LIVE、イベント
ジャンル: 音楽

ザザズの3周年記念に行ってきました。
と言ってもそうだと気付いたのはライブが始まってからでしたが…。

080326_231631.jpg

色々な思い出がこのライブハウスにはありますが
何といってもアベフトシ率いるバンドを最初で最後目撃をしたのが
ここでしたね…。早く戻って来い!

着いて早々客が両手で数える程度しかいなかったのが
不安でしたが、時期にそれは解消されました。

今日は浅井健一のサポート以来の束紗ちゃんと
本日で安島さんが脱退するってことでもちろんCondor44。

3バンド出たんですが全て下手に紅一点バンド。

最初はトレモロイド。
当方のMySpaceでフレンド登録されているバンド。

初めて聞きましたが(フレンドなのにかなり失礼な話)
トラブルというか演奏中断等が多かったですね。

ギターの女の子のおそらくパワーサプライが落ちて
エフェクター全消灯になったりとかキーボードのチューニング?とか
ギターアンプの接触不良?がありました。

とても優しい音楽をされているなと思いました(受け売りですいません)

次がSCARLET。
今月のベースマガジンにカラー1ページで掲載されていた束紗ちゃん。
束紗ちゃんはアグレッシブにベースを弾かれてました。
MCで高校時代の友達が子連れで来ていると言っていたけど
その方向を見て満面の笑顔でベースを弾いていたのが印象的でした。
ボーカルも半々くらいで取ってましたが歌も良いですね。

ただ私どうしてもギターの方のボーカルが苦手なんすわ。
鼻にかかった独特のボーカルなんですが
ピースとしてかちっとはまってないというかふわふわしてる感じで。

これは個人的主観に関することなんでご了承を。

そしてトリでCondor44。

先にセットリスト。こんな感じだった。

1.ebb
2.Jr
3.00203
4.INTRO
5.ハイビス
6.He goes on rocking "end roll"
7.StCt
8.Hush&Vane
アンコール
9.10 Sledge Race

最初から安島氏をフューチャーしたMCが続きました。
いきなりメンバー紹介、それも安島氏だけとか
「名前だけでも覚えて帰ってください」とか「天国への餞に」とか。

ライブは結構熱い内容だったと思います。
最後ってことでドラムを注視して見てました。
見納めってことじゃないけど改めて良いドラム叩くなぁと。

アンコール前に安島氏のMCがあって
脱退理由を「一身上の都合」と言われてたが
何をするにしても頑張ってほしい。
Hush&Vaneってミニアルバムを手にしてからのファンからの餞。

最後アンコールで10 Sledge Race。
前回のワンマン以来に聞いたがやっぱりこの曲は燃える。

それでは総括を。バンドの根幹にあると言ってもいい
ドラマーが脱退するってバンドにとっちゃかなりでかいことだと思う。
今後新しいドラマーを入れてワンマンだったりをこなすとのことだが
今のグルーヴが壊れないで一皮むけたものを来月も拝みたい。

そんな気持ち。ワンマン楽しみにしている。

それではMother Fucker!!(ライブを見た人にだけ分かることでしょう)

日本代表を見たら早く寝よう。


テーマ: LIVE、イベント
ジャンル: 音楽

井の中の蛙

Category : 日記

今月から部署代りをした関係で
今まで培ってきたノウハウをまたサラまでとはいかなくても
初歩的なものから徐々に取り組んでおります。

恐ろしく分かんないことだらけでやばいです。
今までは井の中の蛙でした、正直言って。

とりあえずどこ行っても何とかなるだろうって過信していた
先月までのおれにきつめの一撃を喰らわせたいです。

畑違いとはいえここを乗り切らんとかなりきつい気がする。

そんな中Mars Voltaのプレオーダーが取れただけで今日は良しとします。
明日もこんな朗報が入ることが一件あるからそれにも期待。

****************************************************

Beastie Boysで「Sabotage」と「Pass the Mic」
ただ聴きたくなっただけ。



Beastie Boys- Sabotage



Beastie Boys - Pass the Mic

→続きを読む

テーマ: ひとりごと
ジャンル: 日記

BLOOD RED SHOESを観に渋谷CLUB QUATTROまで。

080321_214120.jpg


Blood Red Shoes

今日から個人的に時折巻き起こる「ライブ観戦月間」というか
許容量をぎりぎり超えてない程度ライブに行く予定。
4月1日の電気グルーヴとか取れたらかなりやばいです。

そんな月間の一発目。

全然人が集まってない気も若干しましたが
かなりの人数がいました。見てる人は見てるってことだ。

到着早々ステージを確認すると
下手にマーシャルのギターアンプとギター2本、そして上手にドラムセット。
以上。それ以外ないあまりにも簡素なステージ風景。
潔さが出てます。

海外のバンドではよくある20分押しでライブスタート。
この瞬間までは「新人のくせに日本なめやがって」と思ってた。

ただいつも思うが始まってしまえば完全にやられてしまうわけで。
1曲目「It's Getting Boring The Sea」で会場大盛り上がり。
いきなりピークかってくらいテンションが「がっ!」と上がったのが分りました。
もちろん私も。

リリースしている音源上仕方がないが
アンコール含めで1時間でライブは終了しました。
ただそれが逆に良い意味でこれまでの軌跡が集約された
面白い、熱い、楽しいライブでした。

MCは基本スティーヴンが取っていて、
「ありがとう」だったり「東京サイコー」とか毎回言ってた…気がします。
大盛り上がりで一喜一憂するオーディエンスの反応。
それを目にして純粋に喜んでもらえたようです。
演奏する側に喜んでもらえるオーディエンスの中に自分がいるのが
嬉しいですよね、これぞライブの醍醐味ってやつ。

ローラはバンドの設定上「S」的な役割がある?と思って
最後まで睨みつけてるようにライブやってんのかなって思ってました。
演奏面では真剣な眼差しでエッジの立ったテレキャス特有の音を
完璧な間とタイミングでドラムと合せていたと思えば
MCではちょっと照れくさそうにしていた仕草。
この2面性に完全にやられましたよ、私は。「アリガト」って言い方はやばい。
汗をふくのに髪をかきあげてうなじを見せてくれたりとか。
女子からも「カワイイ!」って声が方々から上がってました。
(これがローラに通じてるかは謎ですが…。)

スティーヴンのドラムプレイについても素人なりに一言。
スネア、タム等を叩く力加減が尋常じゃなくらいやばいw
叩いた後の音の弾け方とか破けるんじゃねぇかと思うくらい。
ただそれがギター、ドラムスのみの構成上バランスが良い感じでした。
上記でも書いたけどかなり会場の雰囲気に喜んでくれたようで
アンコール終了後客席にダイブしてました。

あーそう言えば来日公演でこんな光景一度見たなぁ。
あれは前回のAvril Lavinge来日の追加公演Zepp Tokyo。
客のテンションの良さに感極まってライブ中泣いてた(気がする)Avril、
終了後おれの近くにダイブしてたっけ。腕だか触った記憶がまだあります…。
めちゃめちゃ余談過ぎて書いてる自分にびびってます。

話を戻しましてそんなレッド。

アンコール1曲目でなんとパートを入れ替えて
ガレージサーフのインスト(コピーかオリジナルかは
当方の音楽知識では分かりませんでした…)を演奏してました。
これってかなりレアなんじゃないかな。いつもだったらごめんなさい。
スティーヴンのギターの弾き方に若干ぎこちなさがありましたが
演奏は文句ない。
ローラのドラムはかなり様になってました。
ラストはアルバムでかなり好きなテイストの「ADHD」で終了。

総括、ギタードラム2人という編制上ホワイトと比較されてますが
レッドのほうが演奏のキレは好きですね。エッジが立ちまくってた。
ただホワイトは耳に粘りつくようなねちっこさが良いです。

要するにどっちも好きだってことだ。

次回来日の際もQUATTROクラスのステージのライブハウスで
クリエイティブマンよろしく。
眼を動かさなくても2人とも視野に入るステージで次回も見たいっす。

そんなわたくしのライブ月間、続いては水曜ザザズ代々木にて
Condor44(脱退する安島さんの最後のステージ…)、
スカーレット(ベンジーのライブ以来久々の束紗ちゃん!)等見てきます。

************************************************

アンコールラストで演奏された「ADHD」
それとBRITISH ANTHEMS時の「I Wish I Was Someone Better」



BLOOD RED SHOES- ADHD



BLOOD RED SHOES - I Wish I Was Someone Better


テーマ: LIVE、イベント
ジャンル: 音楽

March20th

Category : 日記

雨、雨。
晴れない気持ちを察してるかのように…。

地下鉄サリン事件から13年。
イラク戦争勃発から5年。
福岡県西方沖地震発生から3年。

そんなネガティブな感情が思い起こされる日です。

また一つ年を取ったようです。
刻一刻と死に近づいていることを実感するそんな日です。
ネガティブなことしか言ってないな。

ポジティブなことを言うと今をときめくフェルナンド・トーレスと同じ。
ってことで喜べてしまう私はお手軽な男です。

そんなわけで一年間使ってきた2桁の数字ともお別れ。
今日からまた新たに与えられた2桁の数字と一年間過ごします。

この次新たな数字に出会うときが自分の転換期であって欲しい…
そう願っている、大台だし。

新たな発見を模索し、また一年間生活していく所存です。

手始めに明日BLOOD RED SHOESを観に行ってきます。

*************************************************

THE BEATLESで「BIRTHDAY」
ジョン・レノンとオノ・ヨーコが結婚したのも39年前の今日。



THE BEATLES - BIRTHDAY

テーマ: なんとか生きてます
ジャンル: 日記

CORN ELIUS

Category : CORNELIUS

Coreliusさんたちが家に。

080318_193104.jpg

左からタワレコで2枚同時購入でもらえる限定DVD。
そして「SENSURROUND」
昨日買ったS & R Magazineに付いてた
『SENSURROUND』オフィシャル映像副読本。
最後が「from Nakameguro to Everywhere Tour '02-'04」

同時購入でもらえる限定DVDは
数に限りがあるので欲しい方はお早めに…。

*************************************************

Corneliusで「Toner」
作者はこれが限定DVDに収録されていることは知っているかな?



Cornelius - Toner


テーマ: 音楽のある生活
ジャンル: 音楽

S & R Magazine

Category : BOOK

まさかこの本を手に取ってレジに行くとは。

レコーディング機材とか一切興味ないから
今まで立ち読み(インタビューのみ)はあっても
買うなんて自分には敷居が高すぎる雑誌。

080317_194124.jpg

そんなSound & Recording Magazine。

土曜に観に行った+明日DVD2枚を放出する
Corneliusこと小山田氏+コーネリアスチームの美島氏インタビューと
一般から募ったSensuousリミックス大賞の小山田セレクト3曲が入ったCD、
それと『SENSURROUND』オフィシャル映像副読本のために
財布から放出されたMoneyは¥1,100。

その他の記事ではくるりのインタビュー以外
哲学書を読むくらい難しい(頭がまず理解しようともしない)内容。
ちなみに小山田氏が「ディレイを八分と付点八分で被らないように
細かくパンのオートメーションを…」とかすら厳しい。
要するに綿密に考えて作られたサウンドなんだなぁってことくらい。

これ買う人って部屋にミニ・スタジオとか組んでんだろうな。

私は今更そこに向かうことは困難でしょう。

P.S.Apple Store 銀座でやるCorneliusのミニイベントに参加したいが
どう足掻いても仕事で不可能なのがやるせない。
80名限定ってのも辛い。

***********************************************************

自分のブログを見返すと偏ったバンドの動画が多いな。
今回もそれに倣ってCorneliusで「Fit Song」



Cornelius - Fit Song


テーマ: この本買いました
ジャンル: 本・雑誌

風変わりなライブハウスへようこそ、FACTORY。

昨日はニイガワ氏とFACTORYの公開ライブを見にフジテレビに行ってきました。
目当ては勿論CORNELIUS GROUP!

フジテレビ広場の集合時間には早めの到着だったんで
時間をつぶす意味でフジテレビ見学をしました。

お台場はZepp Tokyo方向は結構行くのに
フジテレビ方向は意外と行かないんで記念に。

1階のシアターモールのふらふらっと散策し
バラエティマーケットプレイスの店内に入り何も買わないで出たり等々。

記念に一枚撮っといた。

080315_175121.jpg

サザエさんのお店…。家系図とかあったけどそれを撮るのは気が引けたんで
遠目に店全景を。そう言えば入らなかったな。

そのまま7階まで行きそっから球体展望台まで。
なんと行くだけで500円かかった。これが普通なの?

080315_165750.jpg

展示されていた巨大トニートニー・チョッパー。

080315_165822.jpg

レインボーブリッジ。

なんと10分弱で見学終了…。

それでは本題。

集合時間から1時間半以上右往左往ありつつ(待ち時間長すぎ)
やっとこさステージへ。

7時くらいに司会のスカパラ谷中さんとPUFFYの由美ちゃんが登場。
つうか谷中さんデカッ!そして由美ちゃんまったり喋るなぁ。

1バンド目はどれかなって思ってたらなんとCORNELIUS!
トリだと思ってたからかなり「嘘っ!?」的な空気が一瞬流れたけど
始まったらそんなもんはぶっ飛ぶ訳で。
演出上の幕が張られてたんで、後々考えればそうだろうなってこともあったけど。
セット作るより片付けるほうが時間的に早いからトップってのもあったんでしょう。

いつものオープニング演出もあり、映像と音とのシンクロも同様。
曲数的には8曲くらいでフェス仕様な感じだったんかな?
惜しむらくは出来れば
「MUSIC」や「Star fruits surf rider」、「DROP」とかも聞きたかったな。

メンバーにとってみれば
30日の国際フォーラムの肩慣らしにはちょうど良かったんじゃないでしょうか。

一つ気がかりは小山田氏の後ろのライトが途中から点灯しなくなってたこと。
ライブ途中くらいからそれが気になってしょうがなかった。
接触不良か故障かは分かりませんが
何とかフォーラムまでに直してください(言われるまでもないと思うが…)

次がUKからLevelloadってバンド。
聞くのも初。どんなバンドなんだって思ってステージをみると
女性ベーシスト!ってことと谷中さんと同じで「黄色いライト」が目についた。
なかなか面白いバンドでしたがCD買うかは…。

3バンド目にこれも初見のTHE JETZEJOHNSON。
こちらは黄色は黄色でも「黄色い声援」ってやつですか。
女性ファンが結構いらっしゃるみたいね。
これも面白かったとだけ言っておこう。

で、トリがエルマロ。
2ドラムで木琴+キーボードの女の子。
なかなか面白い編成っすねって思ってぼーっと見てたら
隣のニイガワ氏が「ドラムってブッチャーズの人と元ハイスタの恒じゃねぇ?」
っておもむろに言われてよく見るとそんな感じ、いやまさしくそうでした。
こんなところで恒に会えるとはって内心感動を覚えましたが
風貌が俺から言わせるとスーパーマリオのルイージみたいだったw
でも楽しそうに終始ドラムを叩いてましたんで見ててよかったです。
曲はドラムス2人+木琴叩いてる女の子を見ていたためあまり入ってこなかった…。
ドラムス2人はよく合わせて叩いてるなって一人感嘆しておりました。
髭(HiGE)の2ドラムとは違う感動がありましたね。

とまぁ色々楽しいライブでした。
また見たいバンドが出演するようなら応募したいっす。
ただ1人だったら待ち時間とかキツイなぁとも思いましたね…。

****************************************************

CORNELIUSで「Count five or six」



Cornelius - Count five or six

テーマ: LIVE、イベント
ジャンル: 音楽

昨日の収穫

Category : MUSIC

朝一でtoto BIGを買い6億円に思いを馳せてる昼下がりでございます。

ゲーム依存症の私は昨日買ったCDでもブログに付けときます。

080314_192555.jpg


BLOOD RED SHOES「Box Of Secrets」
峯田に美津留「つたわり/つたわれ!」

ちなみに峯田って銀杏BOYZの峯田ね。

このあと後半20分くらいまで「浦和対名古屋」を見て
その後お台場までFACTORYの公開録画を見に行きます。

去年からCORNELIUS様々な日々を送っている私。
現状を拝めるのはおそらくラスト2か…。
そのあと小山田はしばしの冬眠期間(レコーディングであれ)に入るんだろう。

兎に角楽しんできます。

********************************************************

今日は銀杏BOYZで「BABY BABY」
本業のバンド音源を待っている。



銀杏BOYZ - BABY BABY



テーマ: おすすめ音楽♪
ジャンル: 音楽

ここ最近パソコンはご無沙汰。

意外とパソコンを買ったばかりだってのにそんなにやらない。

今はPS3ばかり。
龍が如く 見参!ってゲーム。

ひたすら遊郭周りだ、博打だとサブゲーム三昧。
全然飽きない。
もうクリアっつうもんはできるんだけど
回り道くねくねっす。

いい歳になっても好きなものは好きだ…と俺は思うよ。

*************************************************

今日は柴咲コウで「Invitation」
ベスト買いました。DVD見たかったんでね。
柴咲コウと言えば車のCM。「ガォッ」って言ってるのが今私のツボ。
映画をあまり見に行かないけど少林少女は見たい。



柴咲コウ - Invitation

テーマ: 龍が如く
ジャンル: ゲーム

今日のタモリ倶楽部は年に一度の空耳アワード2008。

080308_002651.jpg

木村カエラはやっぱかわいい!

それにしても
「前橋が見えてきたら自慰」
「焦ってるパンダと恥じらってる早漏」
「チンチンから笹」
「フルチンを蒸らす」←これレイジアゲインストザマシーン

下ネタばっかや…。だが面白いっ!
来週の第2弾も見ねば!

****************************************

カーペンターズで「SING」
空耳から、比較的まともなのを。1分20秒あたりで
「志賀さん 泣いたわ 志賀さん なあ? 志賀さん なんでクビ?」
空耳の映像がないとあまり面白くない…。



The Carpenters - SING

テーマ: 音楽的ひとりごと
ジャンル: 音楽

自分への誕生日プレゼントとして貯金を使ってパソコンを買いました。

080306_235717.jpg


本日届き今も常に青く光っているにくい奴っす。

箱を見てもらえば分かりますが、俗に言う自作機。
それを専門で取り扱っているPCショップで自分好みに染め上げました。

主なスペック、OSはWindows Vista Ultimate、
CPUはCore 2 Quad Q6600、ハードディスクは500G、
メモリは4G、等々。

そして極めつけはこの青く光る箱。
これ以上のカスタマイズはないのではないか。

こんだけしても市販機の半分くらいで済んだからかなり大満足。

それにしても今までのノートは何だったんだって位全てがさくさく。
やっと高速光ケーブルの力を体現してる気がします。

10年くらい安泰?であってほしいわ。

*****************************************************

今日はBlood Red Shoesで「You Bring Me Down 」



Blood Red Shoes - You Bring Me Down

テーマ: わぁーい☆(≧▽≦)☆
ジャンル: ブログ

とうとうこの日が来てしまったって気持ちが強い。
既に一日経過してしまったので過去なんだよなぁ。

3月1日Syrup16gのラストを観に日本武道館まで。

080301_170203.jpg

思い出話を書くと、出会いはロッキンオンジャパンに
Copyってアルバムが絶賛されていたのがきっかけ。
中本氏だったか柳氏、はたまた其田氏だったかは既に忘れたけど
すごいバンドが現れたぞって記事を見て聞いたんだと思う。

で、早速CDショップに行き手にとって家に帰り(ぱくったわけじゃないです)
部屋でCDを流しそこから「She was beautiful」が。

とあっさり書きましたがそこから今まで変わることなく輝き続けるバンド。
それが私の中でのSyrup16g。

Syrup16gの曲や詩なんかに救われてた時期もありました。
ネガティブになった時は決まって「手首」って曲を流してたなと。
クーデター発売当時は仕事で行き詰ってた時期だったんで
ピンポイントで私の心を癒してくれていた音楽の一つでした。

そして本日を迎えるわけです。
何度かライブには行きましたがいつも異常に緊張して待ってた私。
まぁ当たり前ですけど。
解散ライブ自体ミッシェル以来だから5年ぶりくらいでしょうか。
そんな変なテンションも自分の中で醸していたと思う。

新しいアルバムの曲が多少は含まれるかなっと
事前に考えてはいましたがその期待は良い方向で裏切られ
新旧織り交ぜた集大成を飾るには素晴らしいセットリストだったと思う。

いつも通りというか最後までMC少なめで曲を連射してく感じ。
5時40分くらいから始まり終わりが9時前だったから
時間にして3時間半弱があっという間に過ぎ去った印象。

演奏とかも今までで一番良かったんじゃないかな。
かっちりこの日に照準を合わせてリハーサルをされてきたんだなと。


なんかカッコ良すぎるわ、あの3人の佇まい。
特に五十嵐氏。
確か「翌日」って曲の前で五十嵐のMCがあって
内容はあまり覚えてないけど
「明日は来ないけど次の日が見える曲を今まで書いてあるから
今後も良かったら聴いてください」
みたいなものがあってそこでは堪えたけど
もうこのトライアングルが拝めないんだぜっと考えながら
最後の「Reborn」を迎えたときに男の私がほろっとしてしまいました。

なんかありがとうございました。
今後はSyrup16gのCD聴くの辞めようかとも思ったけど
最後のMCに救われたかな。今後も聴き続けます。

Syrup16g FOREVER !!

- SET RIST -

01.きこえるかい
02.無効の日
03.生活
04.神のカルマ
05.I・N・M
06.Anything for today
07.イエロウ
08.月になって
09.負け犬
10.希望
11.センチメンタル(五十嵐弾き語り)
12.明日を落としても(五十嵐弾き語り)
13.もったいない
14.生きたいよ
15.途中の行方
16.ex.人間
17.正常
18.パープルムカデ
19.Sonic Disorder
20.ソドシラソ
21.天才
22.coup d'Etat~空をなくす
23.リアル

アンコール1
24.さくら
25.ニセモノ
26.?(この日のために作った曲か?)
27.イマジネーション
28.scene through

アンコール2
29.She was beautiful
30.落堕
31.真空

アンコール3
32.翌日
33.Reborn

ライブ終了後にセキュリティーに隠れて撮った2枚。

080301_205712.jpg

武道館頭上にあったでかい日の丸

080301_205804.jpg

1階スタンド前方まで行っての簡素なステージを1枚


P.S.
ライブ前に5月にフジテレビ721で2時間特番があるとのアナウンスが。
誰か撮ってくれる人を探さねば。
そしてライブ中にイープラスからメールが入り
KEN YOKOYAMAのプレリザーブが外れたとの報も入ったorz

*************************************************

SYRUP16gで「きこえるかい」



Syrup16g - きこえるかい

テーマ: LIVE、イベント
ジャンル: 音楽


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。