ソフトに病んでる SUMMER SONIC 07~2日目のまとめ~
 

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SUMMER SONIC 07~2日目のまとめ~

Category : SUMMER SONIC

8月12日(日)

到着は9時。昨日より当たり前に早い。
昨日はほぼ2ステージの行き来のみだったので目標は全ステージ観戦。

それではこの日も簡単に流れから。

9時到着→フードステージで30分飲食→
マリン3階席で1時間弱昼寝(笑)→The Enemy(MARINE)→
TRICERATOPS(BEACH)最後の『ロケットに乗って』のみ(涙)→
BEACE STAGE近くの海で涼む→
REVEREND AND THE MAKERS(ISLAND)1曲のみ→
TILLY AND THE WALL(SONIC)1曲のみ→メッセ裏で買い物→
HADOUKEN!(MOUNTAIN)→ENTER SHIKARI(MOUNTAIN)→
Curly Giraffe(River Side Garden)最後の1曲のみ(これまた涙)→
BLOC PARTY(MARINE)またまた最後の1曲のみ…→
MANIC STREET PRECHERS(MARINE)→KASABIAN(MARINE)→
ARCTIC MONKEYS(MARINE)

今日は退場を命じられないギリギリで写メを撮りました。

まずマリンに向かいThe Enemyを観ようと思いましたが
ここでちょっとした間違いがありまして
ライブ時間を1時間早く勘違いしていました。
10時前から炎天下のフロアに立ち15分過ぎまで待ちましたが
一向に始まる様子がないのでしおりを確認。
最初から確認しとけよってことでライブスタートが11時ってさ…。
1時間炎天下で待つのは今後の体力に影響が出ると感じ
3階席まで移動。日陰だったので何故か二人して昼寝。

MCの方の声が聞こえてきたので起きました。気付くと11時ちょっと前。
そして本日の一発目のライブであるThe Enemy登場。

200708121104000.jpg


【マリン3階席から見るThe Enemyの雄姿(遠過ぎ)&お客さん】

画像のとおりそのまま3階で観戦、不謹慎にも横になりながら…。
どえらいカッコいいと思った。結成2年目ってアナウンスされていたが
演奏バランスは安定していたし曲の完成度も高いと思った。
ワンマンが観たいバンドランキング上位にノミネートされた。

その足で海岸沿いにあるBEACH STAGEへ。

200708121151000.jpg


【BEACH STAGE】

申し訳ないが私の中ではかなり懐かしいトライセラトップス。
しかし到着した時にやっていた『ロケットに乗って』で
ライブが終了してしまいました…。もうちょっと観たかった。

そしてビーチステージ前の海で涼む。
意外にもリストバンドつけた人たちが多かった。
のんびりした感じで和む。

200708121158000.jpg


【海を遠目の距離から】

その後行ったISLANDとSONICは申し訳ないが
全ステージ制覇のために1曲見て素通りと言う悪行を敢行。
その2バンドを楽しみに観に行っていた人には本当に申し訳ないです。

12時半くらいに友達がTシャツを頼まれているとのことで
買い物に付き合う。凄い人数が炎天下の中並んでました。
目的の物を手に入れ急いでマウンテンへ。

12時50分定刻通りHADOUKEN!。
昨日KLAXONSやSHITDISCOが観れなかったと鬱積を気持ちをぶつけました。
知っている曲がリミックス抜かすと3曲なのでそれ以外をやられると
感覚でノるほかないですが、それでも楽しかった。
ただやはり「LIQUID LIVES」に入っている曲が大盛り上がり。

そのまま前の危険地帯まで行って次のENTER SHIKARI。
案の定モッシュピットが出来る危険な場所でしたが
このバンドを見るにはここじゃないと盛り上がれないぜってことで
2人してモッシュ。越中ばりのヒップアタックを四方八方かます。
その代償でタオルと1日目の海浜幕張駅でもらった「うちわ」を紛失。
タオルは良いが「うちわ」は結構ショックだった。
意外と自分内ライブツールと化していたから。
そんな感じで最初から最後まで前は暴れたい人たちの巣窟となっており
輪が出来てはそこで暴れる輩大量発生。でそこに加わる私達…。
音楽4:暴れる6くらいの対比で楽しんでおりました。
最後の曲前でギターアンプヘッドが飛んじゃったみたい。
若干のクールダウンでライブは終了しました。

40分暴れた私たちはENTER SHIKARIとは全く違うスタンスである
River Side Gardenへ。

200708121533000.jpg


【River Side Garden(指写ってる…)】

ちょうどCurly Giraffeってバンドがやっていましたが
トライセラ同様1曲で終了しました。
のんびり原っぱに座って観戦しようと思っていただけに
目論見が脆くも砕け散る。

意気消沈な私たちはそのまま今日の締めくくりと決めていたマリンへ。
3階席で「メキシカン焼きそば」を食べながらBLOC PARTY。
しかしなんとこのバンドまでもがラスト1曲しか聴けず。
1曲しか聴けないんじゃ感想も何もないよ。
下は大変盛り上がっていたことは言うまでもないけど。

その後ARCTICまでの場所取りとフロアに日陰が出てきたので1階へ。
そしてNEXT LIVE、MANIC STREET PRECHERS!
アルバム一枚しか持っていないのですが
そんな気持ちを凌駕するいぶし銀のロックンロールチューン。
全く知らない友達も体を動かしちゃうくらい素晴らしいライブだった。
THE CARDIGANSのNinaとデュエットしていた曲の男女両方のキーを
素晴らしい歌唱力で再現されていたことにも驚きです。鳥肌立った。

次はKASABIAN。CLUB FOOTで踊るのが第一目標。
出てくるなり思ったのがTom Meighanが
故カート・コバーンにそっくりだってこと。
サングラスにシャツがカートそのまま?
なんだかそれだけでテンション上がっちゃった。
選曲は1st、2ndを良い配分で選りすぐっていました。
もちろんCLUB FOOTで一斉に周囲の盛り上がりがピークに。
私も例外ではなくその中で踊り狂う。

そして2日間を通しての最後を飾るのはARCTIC MONKEYS。
楽しみどころの騒ぎじゃないよ。このためにどれだけ予習したか。
KASABIANが終わっても動こうとしない人達ばかり。
私もこのためにこの場にいるんだから動くわけない。
ポジションとしては撒いてた水が2,3人前まで掛かっていた位で。
ライブは予習していたコレクターズCD、DVDと演奏曲は変わりませんが
やっぱり生で観る事が一番。至福の瞬間だ。
どの曲でも周りの方々が大声で大合唱をしている姿とかやばい。
私も鼻歌程度ではあるが貢献出来たとか出来なかったとか。
向かうところ敵なし感は十二分に堪能出来ました。

200708130110000.jpg


【左上:ARCTIC終了時、右上~右下:ARCTIC終了後の花火】

こんな感じで私の夏は終わった。

そして本日、現実逃避する間もなく仕事があった。
疲れていたのか遅刻かましました。

それにしても2つに分けて長いブログを書いたけど、
思っていることの数%しか文章化出来ない
自分の文才にげんなりした気持ちになって締めたいと思います。

最後に、会場では一切会わなかった友達のニイガワさん
帰りの地元駅で同じ電車から降りたところを発見。
連絡を取り合っていなかったとはいえ最後こんな形で会うとは…。
リストバンドを見ると銀色、ってことは毎日逆だったのね。
違う場所で観ていたとしても盛り上がりに変わりはないはず。
ちなみにKASABIANの時電話して繋がらなかったって言ってたけど
俺がいた場所、携帯見てたけどずっと圏外だったさ…。

それでは皆さんまた来年幕張で♪

******************************************************

2日目で一番ぐっときたのはArcticを抑えてMANIC。
オーソドックスなイメージがあったけど
ベースの方の女装とか定番なのかは定かではないが
良いもの観させてもらったって気持ちになった。
それではMANICで「Ocean Spray」
この曲を聞いたときの感動した感は今回のサマソニ一だった。



Manic Street Preachers - Ocean Spray


スポンサーサイト

テーマ: ☆夏フェス☆
ジャンル: 音楽


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。