ソフトに病んでる 後のMATSURI ~SHIBUYA CITY編~
 

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後のMATSURI ~SHIBUYA CITY編~

Category : LIVE

本日は去年のクラブチッタ以来のZAZEN BOYS。

200708302245000.jpg


あの時とは変わった部分があるのはもちろん分かってる。
そんな第3期を拝みにSHIBUYA-AXへ。

ドリンク代掛からなかったけどビール煽る。
ジャスト7時についてやばいかなっと思ったが、
15分おしでライブスタートだったのでとりあえずほっ。

メンバー出てくるといきなり向井氏よりメンバー紹介。
「ベィス中村一郎」ってわけで中村君、お初です。
黒のスタインバーガーをストラップ高めで。
スタインバーガー使う人をあまり見ないのでいきなり新鮮。

色々聞いていたとおり立ち位置がステージの真ん中に集中。
向井氏の後ろに中村君が隠れるかのような立ち位置。

その後向井氏MC「耳から飛び出る昇り龍」ってことで「REFF MAN」!?
早くないか、この曲に行くには…って気持ちは杞憂で
いつもの重たいコードリフにやられた。

「HIMITSU GIRL'S TOP SECRET」の変拍子に無理矢理合わせ、
早口言葉の練習とのMC後「HARD LIQUOR」
これぞ鉄板の構成。いきなり会場全体の士気を上げまくった。

やはりいつ聴いてもZAZENグルーヴが好きだぁ。
こんな独自性の音楽をやっているバンドはそうはいない。

「MABOROSHI IN MY BLOOD」「IKASAMA LOVE」「TANUKI」等
いつもの流れで中盤まで客のハートをがっちりキャッチ。

その後今日一番感じたこの前のチッタとは変わったことが。
それは向井氏がギターを置いて鍵盤を弾く回数の多さ。
この前ってFRIDAY NIGHTくらいだったのに
中盤で既に座ったからびくりしたよ(中国人風に)

新曲をここで何曲か(ダルマとかナベ&サダ、あとユカタ?)
やっていたがどれも変わったリズムで合わせられない…。
改めて難解な音楽をやられていることに気づく。
「安眠棒」、「SEKARASIKA」など合間に演奏していたが、
知っているとなんかホッとするのは何故でしょう。

終盤になり「COLD BEAT」、
ラス前で「FRIDAY NIGHT」最後に「KIMOCHI」
なんか「KIMOCHI」を聴いてて向井氏のお客さんへの
感謝の意を耳にして若干涙出そうになったけど
そんなKIMOCHIがしただけで出なかった。
ただ感動した。今までそんなストレートに言っているのを
見たことがなかったから。

アンコール前に長めのMCがあったんだけど
本編途中で「レコーディングしている」と言って会場を盛り上げて
アンコールのMCで「まだレコーディングしてない」っていきなり
前言撤回的な話になった。
その時のテンションで言っちゃったにしても
早々の新作を期待していた身としてはかなりがっくしきちゃったよ、
向井さん。

アンコールは新曲の「雨宿り(もしくはアルファベットでAMAYADORI)」
そして最後、CDとはバージョンが違う「半透明少女関係」で終了。
楽しい2時間弱でした。

最後に今日初見の吉田君ですが、
やっぱひなっちの後任って形で見てしまうと
大人しすぎるなぁ、もっと前に出てきても良いと思う。
既存の曲ってひなっちのベースラインだから
オリジナリティを出すのも苦労するよね。
ただレコーディングとかやって自分が演奏した曲が出来たら
また一段も二段も成長することでしょう。
素人甚だしい意見とはこのことでしょうね…。

P.S.途中から急に睡魔が襲ってきてかなり端折ってます。
どこからそうなったか分かるかな?

****************************************************

今日向井秀徳 × 椎名林檎で「KIMOCHI」
現時点ではひなっちの時のほうが好きだ。
このKIMOCHIをうまいこと上書きしてくれ、吉田君。



向井秀徳 × 椎名林檎 - Kimochi(Live)



スポンサーサイト

テーマ: LIVE、イベント
ジャンル: 音楽


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。