ソフトに病んでる BECK27巻を読む
 

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BECK27巻を読む

Category : COMIC

今日仕事の昼休憩中にジュンク堂書店に行くと、待ち望んでいるマンガに出くわした。

それが、ハロルド作石の「BECK」27巻。

簡単にマンガの説明をすると、主人公のコユキが音楽=バンドと出会い少しずつ成長していく話。バンドを続けていく中で色んな人との繋がりによってBECKというバンドの紆余曲折が上手く描かれているマンガ。こんな感じでしょうか?
巻が進むにつれてどんどん主人公のコユキが成長しているのが分かるし、マンガでは難しい音楽を扱っているにも関わらず絵から音が聴こえてくる錯覚に陥るから凄い。

私は基本的に週刊誌や月刊誌を立ち読みすることもないので、単行本での出会いが初読みな訳だけど、読み終わった後、この先の展開が物凄く気になる創りになっていていつもいつももどかしい思いになる。

「マンガと音楽が3度の飯より好き!」と言う人がいたら悪いことは言わないから読んでみて欲しい。泣けるから…。

今回は、東京ローカルで深夜放送していたアニメのクライマックスである「グレイトフル・サウンド」でのBECKの「I've got a feeling」。ビートルズのカバー…。断片的にこのシーンを見るとあれだけど、マンガを最初から読んでここまで来ると泣けるわ。やばい…。



BECK(Mongolian Chop Squad) - I've got a feeling



良ければポチッと!↓


スポンサーサイト

テーマ: 感想
ジャンル: アニメ・コミック

コメント

非公開コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。